JALで行く一人旅「たび技」    

JALそして一人旅を愛する皆様へ。JGC修行や一人旅をより楽しむための情報「たび技」をご紹介します。

JAL Global Club修行 2019に向けて国内線ファーストクラスを予約しよう

f:id:tabiwaza:20181110114042p:plain

JAL Global Club(JGC)修行2019をするなら、今からでも1月以降の国内線ファーストクラスを予約し、効率良く50,000FLY ON POINTを目指していきましょう。ダイヤモンドプレミアラウンジに足を踏み入れるのも良い経験です。

 

JALの上級会員組織JAL Global Club

JAL Global Club(JGC)とは、JAL便をある基準以上搭乗したお客様だけが入会できる会員組織。空港などで優先搭乗で乗り込む人々がいますよね。あの方々です。

ある基準というのは「マイル」と異なる「JAL FLY ON POINT(以下FOPと略)」というポイント制度があり、「1月~12月の1年間の間に」50,000 FOPを「1度」達成すれば、JAL Global Clubの会員になる事ができます。翌年以降はJAL CARD CLUB-A以上の年会費を支払うだけで会員資格を永続できます。毎年飛び続けないと会員資格が維持できないと思っている方がかなりいるのですが、どこかの1年だけ頑張れば良いのです。

※これ以外にも1年の間に50回搭乗という基準もあり、1フライト当たりのコストが安い「福岡~宮崎」間をひたすら乗り続けるといった回数修行という選択もあります。

そうです。ある年の「1~12月の間に」JAL便を乗りまくれば(世間では修行と呼ばれていますね)JGC会員資格は生涯あなたのものです。

 JALマイレージバンク - JALグローバルクラブ:ご入会にあたって

効率よく・楽しく50,000FOPを集めるには?

1年間のフライト料金として概ね40万円前後の修行コストがかかります。フライトを選択はFOP単価をいかに安くするかという点。同じ区間でも日によって全く金額が違うので、安い日程を探すのが修行の第一歩。そしてFOPが効率的な予約クラスを選ぶという2段階の調査が必要です。

下図は2018年12月31日の那覇→羽田便の料金画面。こんな安い日はなかなかありません。 

f:id:tabiwaza:20181110120712p:plain

※日が経つと料金は変わってゆくので、この料金は保証されているものではありません

「特便割引」と「先得」どっちがFOP的にお得?

上記フライトでは選択できる予約クラスとして「ファーストクラス」「クラスJ」「普通席」の3つの選択肢があり、「特便割引」とさらに早めに予約する事で安いプランとなっている「先得」の5つの選択肢があります。

JGC修行の目的はFOPの獲得であり、1FOPあたりの単価が安いことが最重要となります。FOPの設定はJALホームページで確認することができますので、FOPを金額で割り返すことで予約プランの損得が見えてきます。

 JALマイレージバンク - マイル数(Pontaポイント)をしらべよう!

安い日程/予約クラス/プランを探せ!

 2018年12月31日が極端な例なので、これを元に損得を確認してみましょう。大晦日にに「羽田に向かう」のと「沖縄に向かう」のでは同じ区間と予約クラスでも大幅に金額が違います。全てのプランが「羽田⇔沖縄」なのにも関わらず、猛烈なFOP単価の差が出ています。では以下の10件で、どれが一番合理的な選択だと思いますか?

(ちなみにJGC修行2019の方は以下の12月のフライトは予約しないでくださいね。2019年のFOPカウント集計外ですから)

f:id:tabiwaza:20181110125143p:plain

JGC修行僧が目指すのはFOP単価10円以下

 JGC修行僧はFOP単価を10円以下にできるフライトを組み立てるのが基本です。上記の例は極端でしたが、往復のフライトでFOP単価が10円以下に出きれば十分だと言えます。修行僧が選択すべきフライトはずばり「人が乗りたがらない」フライトです。修行僧の朝は早いと言われますが、安いフライトを選択するのですから、以下のようなフライトになっていきます。

  1. 早朝の便だから安いフライト
  2. 真冬の沖縄だから安いフライト
  3. 連休明けなどで需要が低いフライト

ファーストクラスをFOP単価¥10以下で楽しむ

 私がお勧めするのは、羽田→沖縄であれば平日のJAL915便です。特便のファーストクラスがで¥25,000付近まで落ちてくる2019年1月以降のフライトを待ってみてください。FOP単価が¥10以下で、かつ優雅な空の旅をお楽しみ頂けます。フライト前のダイヤモンドプレミアムラウンジで軽食を頂き、フライトでは国内線なのに美味しい機内食も提供されます。お酒も飲み放題ですよ。

空港のJALラウンジや優先搭乗、JALの機内サービスなどを先行体験することで「JGCステータス」の価値の再認識や獲得に向けたモチベーションにもつながると思います。

f:id:tabiwaza:20181110134226p:plain

 2019年にJAL Globbal Club会員を目指そうという方が既に多数いらっしゃると思います。1月からのフライト予約合戦はもう始まっています。FOP単価¥10以下をキーワードに、お得なプランを探してみてください!

 この記事が気に入って頂けましたら下のクリック頂けると嬉しいです。