JALで行く一人旅「たび技」    

JALそして一人旅を愛する皆様へ。JGC修行や一人旅をより楽しむための情報「たび技」をご紹介します。

鹿児島空港から:DAY-2桜島・宇宙編

f:id:tabiwaza:20181013234046p:plain

鹿児島空港を起点にした一人旅プランをご紹介します。今回は鹿児島2泊3日で鹿児島の見どころを巡るレンタカーを利用した旅程の紹介です。DAY-2,3の桜島編です。

前編のDAY-1霧島温泉編はこちらをどうぞ。
www.tabiwaza.net

 

  DAY-2:桜島へ車ごとフェリーで渡る

 さて2日目です。鹿児島中央駅から鹿児島港に向かいます。車ごとフェリーに乗り、桜島に渡りたいと思います。鹿児島港と桜島の間は15分です。定期便の時刻はしっかりと調べてから向かいましょう。

 航路・時刻表|桜島フェリー

 桜島フェリーに乗るには、鹿児島港のフェリー乗り場の車列に並びます。誘導に従って進んでゆくと横3列に誘導され、隙間なく駐車したらエンジン停止。ところで料金はいつ支払うのかな?

f:id:tabiwaza:20181013234544p:plain

船内で料金の支払いが無いまま下船してしまい、桜島に到着。フェリー料金の支払いは桜島側にある地上の料金所で支払うシステムでした。船での支払処理が無い分、スムースなフェリー運航ができるのですね。(桜島から乗る場合は、ここで先に支払ってからフェリーに乗る)

f:id:tabiwaza:20181013235537p:plain

桜島に渡ったら、まずは桜島ビジターセンターへ

旅の基本は観光案内所/ビジターセンターを訪れ、現地の方とお話をする事。聞いて判ることってたくさんあります。私の旅の基本ルールとなっています。

f:id:tabiwaza:20181014000449p:plain

標高373m湯之平展望所へ

聞けば、桜島の山道を上って一般の人が入ることができる最高地点が山の西側にある「湯野平展望所」とのこと。もっと火口近くに接近できると思っていたのですが、全然遠巻きに見る感じなのですね。さすが活火山。

ここのお土産店でしか買えない(?)ような真っ黒な(竹炭で色を付けた)溶岩を模した「桜島噴火溶岩ラスク」が売られており、思わず買ってしまいました。

f:id:tabiwaza:20181014001505p:plain

桜島の外周を時計回り走り黒神埋没鳥居へ

桜島の名所の一つという「黒神埋没鳥居」を見に来ました。今度は山の東側となります。道路沿いに「埋没鳥居」と書いた看板があるので注意していれば見つけることができます。この「目の前」の無料駐車場に車を停めます。

f:id:tabiwaza:20181014002335p:plain

JAXA内之浦宇宙空間観測所へ

次なるは、モノ好きで中れば決して行かないであろう「JAXA内之浦宇宙空間観測所」まで一気に行ってみたいと思います。開館時間は8:30~16:30です。休館日に該当しないかも予め確認しておく必要があります。何せ往復3時間以上ですから・・・。

内之浦宇宙空間観測所 | ファン!ファン!JAXA!

 15:00 JAXA内之浦宇宙観測所に到着しました。車を置いて受付します。受付簿に色々と記入してから「構内見学者乗り入れ許可証」を発行してもらいます。

f:id:tabiwaza:20181014005746p:plain

入場が許可されたら「自分の車で」敷地内を移動します。一人で走るので軍事基地に勝手に入り込んだような感覚となりドキドキします。立ち寄ったのはM-3S型ロケットの実物大「模型」。

f:id:tabiwaza:20181014010231p:plain

直径34mのパラボラアンテナは圧巻

科学衛星や探査機からの電波を反射鏡で受け止め、電波を中央に集約して受信するそうです。アンテナ設備の真下まで車で行けるので迫力は相当なものです。

f:id:tabiwaza:20181014012339p:plain

広大な敷地。さすがに車じゃなければ移動するのも困難。山の起伏も激しいです。だいぶ暗くなってきました。一人でプラプラしているのが不思議な感覚です。

f:id:tabiwaza:20181014013524p:plain

海沿いにはM型ロケット発射装置がありました。

(この日はここは見学できませんでした)

f:id:tabiwaza:20181014014842p:plain

併設されているJAXA宇宙科学資料館

入口近くにJAXA宇宙科学資料館が併設されています。宇宙やロケットに関する展示物が多数展示されています。原則年中無休とのこと。16:30で閉館です。

f:id:tabiwaza:20181014013750p:plain

あの道を戻って再びフェリーで帰ります

 移動だけで疲れます。一人旅じゃなきゃできない強行軍かも。桜島からのフェリーに乗るころにはもう真っ暗です。こうしてDAY-2は終了となります。

f:id:tabiwaza:20181014015631p:plain

DAY-3:鹿児島市内観光を軽めに

ホテルが鹿児島中央駅目の前でしたので、JRの入場券を買って九州新幹線を見学しましょうか。800系の九州新幹線です。乗らないので見るだけです。

f:id:tabiwaza:20181014020226p:plain

ロゴがかっこいいですね。車輛の「顔」はあんまり好きじゃないのですが・・・。

f:id:tabiwaza:20181014020458p:plain

西郷さんにお会いして帰ろう

鹿児島の中央公園に西郷隆盛像があるという事で立ち寄ってみました。中央公民館前交差点にそれはありました。西郷さんを探せLV5。

f:id:tabiwaza:20181014021349p:plain

上野のそれとは違い、陸軍大将の軍服姿です。渋谷の「忠犬ハチ公」の制作者で彫刻家の安藤照さんが8年かけて制作し、1937年に銅像が完成。右手の部分が妙な形に見えますが、ナポレオン風な帽子を畳んで持っているようです。

f:id:tabiwaza:20181014021527p:plain

この場所には観光ボランティアの方々がいて、西郷さんの愛犬(リアル仕上げ)の横に立った状態で手持ちのカメラを利用して、写真に収めてくれます。一人旅でも自分の姿を含めて残せるのはありがたいことですよね。

f:id:tabiwaza:20181014021904p:plain

鹿児島空港カードラウンジ菜の花

さてさて、鹿児島空港まで戻り、レンタカーを返却し・・・。帰りのフライトまでは鹿児島空港2Fにあるカードラウンジを利用しましょうか。「カードラウンジ菜の花」の入り口はこちら。何年か前に入口の装飾がリニューアルされて、高級感が出た感じです。焼酎の無料試飲ブースなどもあります。

JGCステータスをお持ちの方などはリニューアルされたJALサクララウンジ利用されるかと思います。私も今度はそちらを利用してレポート出来たらと思います。

f:id:tabiwaza:20181014023827p:plain

羽田空港に帰還

濃厚な(ある意味弾丸な)3日間の旅でした。鹿児島観光スポットをいくつかご紹介いたしましたが、初日に訪れた霧島温泉郷と鹿島神宮は近いこともあり外せないかな、と思いました。

桜島のフェリー体験もなかなか普段できないものなので、是非ともお試しいただきたいと思います。次に鹿児島の旅をする時は、特急電車を組み合わせたプランも面白いかな、と思いました。

f:id:tabiwaza:20181014024430p:plain

 

 ーここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。

 この記事が気に入って頂けましたら下のクリック頂けると嬉しいです。