JALで行く一人旅「たび技」    

JALそして一人旅を愛する皆様へ。JGC修行や一人旅をより楽しむための情報「たび技」をご紹介します。

鹿児島空港から:DAY-1霧島温泉編

f:id:tabiwaza:20181013163052p:plain

鹿児島空港を起点にした一人旅プランをご紹介します。今回は鹿児島2泊3日で鹿児島の見どころを巡るレンタカーを利用した旅程の紹介です。DAY-1霧島温泉編をどうぞ。

 

 はじめに:JAL Global Clubの修行には向いていません

羽田空港⇔鹿児島空港で、JALの「特便割引(クラスJ)」を利用(JALカードCLUB-A会員)した場合、片道で826マイル、FLY ONポイントが1,722マイルとなります。JGC修行のFLY ON単価10円以下を目指すには、往復の航空運賃が34,440以下にできれば良いという事になります・・・が絶対に無理です。特便で片道20,000円を切るのすら難しいためです。

JGC修行には向きませんが、「JGC修行完遂後」であれば鹿児島空港のJALサクララウンジも利用できますし、JAL先得などを利用すると、お得に鹿児島の旅が楽しめるかと思います。

 鹿児島の旅を楽しむためのJAL便の選択

今回はゆっくり旅プラン。2泊前提なので、ゆとりある便の組み合わせ。お昼に鹿児島空港に到着しますので、空港でとんこつラーメンでも頂いてから旅をスタートしましょうか。

  1. 羽田空港10:15発 JAL645便(鹿児島空港12:10着)
  2. 鹿児島空港16:15発 JAL650便(羽田空港17:45着)

先ずは鹿児島空港を散策

 鹿児島空港国内線ターミナルの2Fロビーの出発口横から入ることができる「SORA STAGE」という展示室があります。航空機に関する展示物が多数あり、無料なので立ち寄ってみましょう。

f:id:tabiwaza:20181013171802p:plain

オシャレなライティングの階段を上っていくと展示スペースがあります。航空模型なども多数展示されており、飛行機好きの方は楽しめるのではないでしょうか。帰りの便で時間が余ってしまいそうな時に立ち寄っても良いかもしれません。

f:id:tabiwaza:20181013172243p:plain

実際に使われていたジェットエンジンのタービンブレードなども展示されており、間近に見ることができます。

f:id:tabiwaza:20181013173205p:plain

鹿児島空港展望デッキで航空機撮影

 国内線ターミナル2Fから3Fへの中央エスカレータで上がり、右手に展望デッキがあります。国内線はJAL/ANA/JAC/SKYなど8社が就航しており、1日100便程度が鹿児島空港から出発しています。

f:id:tabiwaza:20181013174522p:plain

 展望デッキからのソラシドエアJA807X:頑張ろう!九州号

f:id:tabiwaza:20181013182531p:plain

築100年を超える「嘉例川駅」を見に行こう

 鹿児島空港からレンタカーを借りて最初に向かったのが、車で10分の所にある肥薩線の無人駅「嘉例川(かれいがわ)駅」です。この駅舎は1903年(明治36年)に営業を開始した木造駅舎で、登録有形文化財に登録されています。

f:id:tabiwaza:20181013190616p:plain

嘉例川駅では、九州の駅弁ランキングで何年もトップの座に輝く「百年の旅物語かれい川」を購入できます。販売個数は100個程度ですが、購入できるかチャレンジしてみて下さい。
(嘉例川駅では土日祝日のみで10:30頃から販売。予約も不可なので注意)

f:id:tabiwaza:20181013190745p:plain

味のある駅舎の中はぜひご自身の目でお確かめください。

霧島温泉郷で日帰り温泉を利用しよう

 嘉例川駅から車で30分程の所に、霧島温泉郷があり、霧島温泉市場と複数の温泉宿で構成されています。先ずは霧島温泉市場に車を止めて、散策してみましょう。お食事処の他にも温泉卵、温泉饅頭、ソフトクリームなどが頂けます。

  霧島温泉市場サイト:霧島温泉郷(鹿児島県霧島市)

f:id:tabiwaza:20181013201456p:plain

 

 霧島温泉市場には「公衆浴場 健康足湯」があります。タオル付きで大人100円、子供50円です。(霧島市には無料の足湯が複数あり、足湯巡りプランというのも良いかも)

f:id:tabiwaza:20181013203435p:plain

 

さて、目的の温泉ですが、今回は複数の温泉宿から「牧水荘」さんの温泉を利用させて頂く事にしました。 霧島温泉市場からすぐの所にあります。「温泉利用の場合は事前にお問い合わせください」と公式サイトにありますので、当日お電話で確認した上で訪問しました。

 霧島温泉 純和風旅館 牧水荘【公式サイト】

f:id:tabiwaza:20181013202648p:plain

 

牧水荘さんの日帰り温泉は12:00~15:00迄となり料金は¥1,000/人です。15:00~宿泊者の方々が利用する時間となります。(14:20にIN。ギリギリセーフでしたが独り占め状態)

f:id:tabiwaza:20181013204919p:plain

温泉が流れ落ちる丸尾滝へ

 牧水荘や霧島温泉市場から徒歩圏内の観光名所の一つ、丸尾滝があります。高さ23m、幅16mの小ぶりな滝。滝壺がエメラルドグリーンに見えるのですが、上流の温泉の湯が流れ落ちている「温泉の滝」であるため。展望台から是非ご覧ください。

f:id:tabiwaza:20181013211001p:plain

 

実は丸尾滝のそばに数台ですが駐車場が用意されており、車で行っちゃった方が楽かもしれません。うっかり遠すぎるとUターンは困難なので注意。 

f:id:tabiwaza:20181013211441p:plain

歴代島津氏が尊崇してきた霧島神宮へ

丸尾滝から車でさらに20分の所にある、霧島神宮へやってきました。火山の麓に位置しているため御山の噴火により幾度も火災となる歴史を持つそうです。現在の御社殿は21台藩主である島津吉貴の寄進により1715年に再建されたもの。

f:id:tabiwaza:20181013214331p:plain

 霧島神宮の境内は結構広く、実際にはこの大鳥居からスタート。「二の鳥居」「三の鳥居」を経て、片道15分かかりました。

 霧島神宮・境内のご案内

f:id:tabiwaza:20181013223128p:plain

 

こちらが大鳥居のすぐ先にある神橋。この先の階段の上に「二の鳥居」が見えます。この時は、どんどん登ってゆく構造だとは思っていませんでした。

f:id:tabiwaza:20181013223203p:plain

 

霧島ジオサイト「霧島神水峡」へ

霧島神宮の大鳥居の所にある駐車場に車を停めたまま、徒歩5分の所に「霧島神水峡」があるという事で行ってみましょう。この時16:45だいぶ陽も傾いてきましたが、一人旅の機動力を生かしてもうひと頑張り。

f:id:tabiwaza:20181013225938p:plain

橋をくぐってどんどん川の方へ降りてゆきます・・・。帰りは上りですね、はい。

f:id:tabiwaza:20181013230407p:plain

川沿いはせせらぎの音で気持ちが落ち着きます。少し進んでゆくと火山の溶岩が冷えて収縮した時にできる柱状の割れ目「柱状節理」が見られます。この先も川沿いに進んでいっても良いのですが、キリが無いので途中で引き返しました。もう17:00です。

f:id:tabiwaza:20181013231036p:plain

ソラリア西鉄ホテル鹿児島へ

初日としてはだいぶ周遊しました。九州自動車道をひた走り、18:30に到着したのは鹿児島中央駅前の「ソラリア西鉄ホテル鹿児島」です。とてもお洒落で綺麗なホテル。鹿児島での宿泊なら絶対にお勧めです。 

f:id:tabiwaza:20181013232250p:plain

 このホテルは「桜島側」と「中央駅側」があります。どう考えても桜島側が良いと思うかもしれませんが、日が暮れてしまっては桜島は見えません。逆にこのシティービューはどうでしょうか、大変気に入りました。

f:id:tabiwaza:20181013232839p:plain

ここまでがDAY-1霧島温泉編となります。続きはDAY-2へ

 

www.tabiwaza.net

 

ーこの記事が気に入って頂けましたら下のクリック頂けると嬉しいです。