JALで行く一人旅「たび技」    

JALそして一人旅を愛する皆様へ。JGC修行や一人旅をより楽しむための情報「たび技」をご紹介します。

自己紹介:中の人「スイみん」

f:id:tabiwaza:20180916230043p:plain

私「スイみん」の自己紹介となります。日々忙しく常時睡眠不足。2018年にJAL Global CLUBの会員となりまして、JAL党(JAL縛り)で先々も旅を楽しみたいと思います。・・・と言いながら、公私共に辛いこともあるんです。

 

中の人「スイみん」の普段の生活

首都圏の某IT系企業に勤めています。(故に、本ブログでは羽田空港がベースとなります)

ITシステムの導入案件はおかげ様でポンポン降ってきます。提案書などもキッチリ仕上げたいので帰るのは誰よりも遅いです。睡眠不足になることもしばしば。子供達とのコミュニケーションは朝と土日くらい・・・。

時には頭の切替が必要です。そう、旅でのモードチェンジ(息抜き)が必要であり、世界を広げないといけませんね。そうだJALで旅に出よう。

 

そして決めた。JAL Global Clubの会員になる!

車・ドライブが好きが高じ、伊豆・箱根方面の温泉宿などはかなりの数を訪れましたが、近県巡りに飽きてきたので航空機を利用した旅を考え始めました。

そこでJALマイレージバンク/JALカードの会員だった私は、JAL上級会員組織「JAL Global Club(以下JGC)」の会員になろうと決めたのです。2017年の冬の事です。

JGCになるには、1年間のJAL便の搭乗実績が一定レベルに到達する必要があります。もちろんお金もかかります。40万円程度はJALにお布施することになります。通称「JGC修行」と呼ばれています。家庭持ちの場合は、家族の合意形成含めていろいろな「技」が必要です。

JAL Global Club会員って何がいいの?

色々な人によく聞かれます。個人的に一番メリットとして感じられるのが「サクララウンジ」などの航空会社のラウンジが利用できること、大渋滞の保安検査場を回避して、専用の JALグローバルクラブ(JGC)エントランスが利用できる事。しかもJGCステータスはJALカードの年会費を支払い続けていれば、それだけでJGCのステータスが維持できるのです。

f:id:tabiwaza:20180925011801p:plain

「年何回も飛行機に乗るわけでもないし」という方にとっては無駄な出費としか思えないかもしれませんが、定期的にJAL便をご利用される方、もしくは将来に渡ってJAL便で旅に出るんだ!という方にとっては長期的にメリットを享受できるはずです。

私としては定年後(かなり先)でも「余裕を持った旅」にするためには必須アイテムだと考えました。

 家族がいるのに自分だけJGC修行?一人旅?

普通のご家庭なら「家族置いて行っちゃうのですか?」となるわけですが、大きく2つの戦略(妥当性の組み立て)が必要です。

  1. 一人で家を抜け出す事を許されるための戦略
  2. 一人でお金を修行に使っても許されるための戦略

企業向けの提案書もそうですが、その事案における相手のメリット・実施すべき必然性、そしてかかるコストの妥当性などの理論武装・組み立てが必要です。これらは別ブログ記事でご確認頂きたいと思います。ここから早速「たび技」の発動です。